インフュージョン成形

概要

下型にガラス繊維(炭素繊維)をセットし、上型の代わりにバギングフィルムを載せて、周囲をシーラントテープで密封させます。その後、フィルムと型の間を真空にし、減圧をして樹脂を注入・硬化させる成形工法。

特長

・繊維の含有量が高いため、高強度の成形品が得られます。

・上型が不要なので、初期投資が抑えられます。

・アンダーカットのある製品の成形が可能。

・電気絶縁性、電波透過性、耐薬品性に優れる。

初期投資を抑え、強度が必要な案件に最適

成形法 生産性 型費
(指数)
生産数
(月産)
平滑性 比重 曲げ弾性
(指数)
引張強度
(指数)
ハンドレイアップ成形 少量 1 20 片面 1.5 1 1
L-RTM成形 中量 3 50 両面 1.4 0.8 1
熱圧プレス成形 多量 100 400 両面 1.9 2 1
リム成形(DCPD 樹脂) 中量 50 150 両面 1.03 0.3 0.4
インフュージョン成形 少量 1 20 片面 2.0 3.5 2.5~3

作業工程

成形型にマットをセット 成形型にマットをセット

成形型にマットをセット

製品形状に合わせてカットしたマットを、成形型にセットします。

フィルムをセット フィルムをセット

フィルムをセット

フィルムをかぶせ、端部をシーラントテープで密封します。

樹脂と硬化剤注入・真空化 樹脂と硬化剤注入・真空化

樹脂と硬化剤注入・真空化

フィルム内を真空にして、樹脂・硬化剤注入します。

硬化・脱型 硬化・脱型

硬化・脱型

樹脂が硬化した後、型から製品を取り外します。

トリミング トリミング

トリミング

製品の形状に合わせて、成形品の外周をカットします。