ハンドレイアップ成形

概要

一般的に不飽和ポリエステル樹脂を使用し、加圧せず、ガラス繊維と樹脂を刷毛ローラーで型に沿わせて含浸させ、脱泡した後硬化させて成形する工法。

特長

・少量対応に適している。

・初期投資(型費用)が他の工法に比べて安価。

・アンダー形状の対応が可能。

・3,000mm✕4,000mmまで対応可能。

・電気絶縁性、電波透過性、耐薬品性に優れる。

数の少ない案件や試作で、初期投資を抑えたい案件に最適

成形法 生産性 型費
(指数)
生産数
(月産)
平滑性 比重 曲げ弾性
(指数)
引張強度
(指数)
ハンドレイアップ成形 少量 1 20 片面 1.5 1 1
L-RTM成形 中量 3 50 両面 1.4 0.8 1
熱圧プレス成形 多量 100 400 両面 1.9 2 1
リム成形(DCPD 樹脂) 中量 50 150 両面 1.03 0.3 0.4
インフュージョン成形 少量 1 20 片面 2.0 3.5 2.5~3

作業工程

ガラスマット裁断 ガラスマット裁断

ガラスマット裁断

製品形状や積層構成に合わせて、ガラスマットを裁断します。

ゲルコート塗布 ゲルコート塗布

ゲルコート塗布

FRP製品を保護したり、見栄えを良くするために、型に塗布します。

積層・硬化 積層・硬化

積層・硬化

成形型にガラスマットと樹脂を刷毛ローラーで型に沿わせて含浸かつ脱泡して、積層・硬化をしていきます。

脱型 脱型

脱型

樹脂が硬化した後、型から製品を取り外します。

トリミング トリミング

トリミング

製品の形状に合わせて、成形品の外周をカットします。

用途

トラック用導風板 トラック用導風板

トラック用導風板

「ハンドレイアップ成形」で大型形状に対応し、形状による強度アップを図った製品です。
油水分離槽 油水分離槽

油水分離槽

「ハンドレイアップ成形」を用いた複数のパーツを組み合わせた製品です。