熱圧プレス成形

概要

樹脂と繊維からなるシート(SMCシート、プリプレグシート)を金型にセットし、加熱加圧して成形する工法。

特長

・成形サイクルが早く、中大量生産に適しています。

・SMCシートについては、リブ、ボス、インサート、ネジなどの同時成形が可能。

・金型で成形するので、寸法精度が高い。

・SMCシートについては、複雑形状への対応も可能。

・電気絶縁性、電波透過性、耐薬品性に優れる。

数量が多く(100個/月以上)、金属部品のインサートが必要な案件に最適

成形法 生産性 型費
(指数)
生産数
(月産)
平滑性 比重 曲げ弾性
(指数)
引張強度
(指数)
ハンドレイアップ成形 少量 1 20 片面 1.5 1 1
L-RTM成形 中量 3 50 両面 1.4 0.8 1
熱圧プレス成形 多量 100 400 両面 1.9 2 1
リム成形(DCPD 樹脂) 中量 50 150 両面 1.03 0.3 0.4
インフュージョン成形 少量 1 20 片面 2.0 3.5 2.5~3

作業工程

SMCシート裁断 SMCシート裁断

SMCシート裁断

ロール状のSMCシートを定量した長さにカットします。

型へSMCシートをセット 型へSMCシートをセット

型へSMCシートをセット

カットしたSMCシートを金型へセットします。

成形・脱型 成形・脱型

成形・脱型

加熱加圧成形をおこない、樹脂が硬化した後、型から製品を取り外します。

トリミング トリミング

トリミング

成形後の外周のバリをカットし、所定の形状にします。

用途

CTスキャナー外装部品 CTスキャナー外装部品

CTスキャナー外装部品

「熱圧プレス成形」を用いて、金属インサートやリブ成形を駆使した製品です。