リム成形

概要

オレフィン系架橋タイプの熱硬化性樹脂2種類を金型注入前に混合し、短時間で金型内で低圧成形する工法。

特長

・強靭性に優れている。

・低温衝撃性に強く、耐薬品性にも優れている。

・中・少量生産に対応。

・ボス・リブ、インサートなどへの対応が可能。

軽量化・コストを抑えて、それほど強度が必要でない案件(カバーなど)に最適

成形法 生産性 型費
(指数)
生産数
(月産)
平滑性 比重 曲げ弾性
(指数)
引張強度
(指数)
ハンドレイアップ成形 少量 1 20 片面 1.5 1 1
L-RTM成形 中量 3 50 両面 1.4 0.8 1
熱圧プレス成形 多量 100 400 両面 1.9 2 1
リム成形(DCPD 樹脂) 中量 50 150 両面 1.03 0.3 0.4
インフュージョン成形 少量 1 20 片面 2.0 3.5 2.5~3

作業工程

型清掃・離型剤塗布 型清掃・離型剤塗布

型清掃・離型剤塗布

型を清掃し、離型剤を塗布します。

樹脂硬化 樹脂硬化

樹脂硬化

金型内で熱反応をさせて樹脂を硬化させます。

脱型 脱型

脱型

樹脂が硬化した後、型から製品を取り外します。

トリミング トリミング

トリミング

製品の形状に合わせて、成形品の外周をカットします。

用途

量水ボックス 量水ボックス

量水ボックス

割れにくく耐久性もあり、リブなどの形状付与も可能な「リム成形」が採用されています。